2008年05月25日

網干古文書堂・瓦版5

■小野周文と番匠屋 その2■

周文の旧宅.JPG  林松寺.JPG

 周文の弟の卓爾は龍野で僧として修行中であったが、そのころ丸亀藩の「司天家」として名の高かった澤山家の養子に迎えられる。
  江戸時代の澤山家の当主は右近を名乗り、土御門家の免許をもって易を占うのを業とし、占星術いわゆる天文占いを得意として近辺のみならず室津薩摩屋本陣や豪商の家相図などの作成に関与し、その裏書に「司天家・澤山右近」の記名を残している。
 周文の妻の実家は網干の鍛冶屋町で鍛冶屋を営む家の娘であったが、屋号を知る人はもう見当たらない。ちなみにその住居跡地に網干銀行が建設され、のちにアロ・タケダが建物を引き継いでいる。
 嫡子の素文は四人の女子をもうけるが大坂で画家の道を志し昭和34年82歳で没、林松寺に墓がある。周文の画風を慕い入門した弟子の一人に興浜住加藤周山の名が見える。
  周文はその余生を網干で孫娘の長女夫妻と共に暮らした。長女の夫の姓を近藤といい明治から昭和期にかけて味噌・醤油の製造販売を生業(なりわい)とする商人だったらしいが、なぜか番匠屋(ばんしょうや)という屋号を称していた。番匠というのは古くは宮廷や寺社の建築にたずさわった大工を指し、後には一般の大工も番匠と呼んだが番匠は特に伝統や技術を継承する大工の棟梁など集団のトップをいうので、その費用を捻出する田にしばしば「番匠田(ばんじょうでん)」の地名で残ることがある。
  話を戻すことにしよう。番匠屋こと近藤家の先々代は幼名鉄之助といい父の名は弥五郎。明治36年六代目の網干町長に選ばれたがまもなく辞職した近藤弥五郎である。弥五郎の旧宅は新在家の通称俵町現在の本町筋687番地にあった。
 弥五郎家の祖は網干新在家本柳寺の過去帳によると、「延宝5年(1677)亡の又右衛門を初出とし、すでにそのころ(番)とのみ記載されるも後年に番匠屋と載る」明治16年有志と組んで和合社(汽船の定期航路)を設立し、大正15年77歳で没するまで専務の業を続けた。  幕末から明治の激動期にかけて網干の産業と舟運に心をくだいた高い志をもつ一人であった。 

 *『網干町史』は新在家本柳寺に近藤家の墓があるとの記載、これをたよりに本柳寺を訪ねるが墓は無く、後日電話にて聞き合わせたところ過去帳を繰っての丁寧な応対での返事をいただき、末尾ながら感謝の意を表します。
 


posted by 早春 at 17:16| Comment(2) | 網干古文書堂 ★瓦版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在近藤家の墓は林松寺(名前うるおぼえで申し訳ありません)にあります。
周文の孫娘である 私の祖母近藤文はもう亡くなって20年近くになります。
網干の実家は今は誰も住んでいませんが
長男で有る私の父は現在安富町に住んでいます。
実家にはまだ少しですが周文、素文の書いた
絵が残っています。


Posted by 近藤家子孫 at 2009年04月12日 14:25
近藤家のご実家は最近取り壊され更地になったようですが、今年三月新築なった網干交流館で、周文と素文の軸の展示があったのですよ。周文は姫路藩の焼物にもかかわっていたようで、素晴らしい芸術家でした。網干の誇りです
Posted by 春麗 はるうらら at 2009年04月12日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。