2009年09月23日

坪田醤油を支えた人びと 4

■揖保郡太子町糸井■

糸井の武大神社.JPG  金拾圓岩見銀行支店の碑.JPG


 明治30(1897)年に創設された岩見銀行は、地域の銀行として着実に成果をあげ支店網を広げて行く。旧国鉄の輸送網を視野に取り込み山陽線龍野駅前に龍野支店を置き、同じ山陽線網干駅前に網干駅支店を設置した。なお町の繁栄を持続し続けていた網干区内に網干支店を設け、揖西支店は揖保郡揖西村に、飾磨支店を姫路市飾磨区に設置したほか、室津出張所 東部出張所を御津村釜屋に開き漁業者の多い妻鹿に出張所を建て、それぞれの漁業従事者への便宜をはかっている。
 網干駅支店が置かれた山陽線網干駅前の北部の日吉山(通称荒神山)は、糸井村と網干区和久村の境界をなす山で、現在太子町糸井を名乗る糸井地区は網干魚吹神社の氏子である。ここに鎮まる武大神社の玉垣に大正15年岩見銀行隆盛の証しとして奉納された碑が残っている。
 昭和2(1927)年金融恐慌におそわれ地方銀行の経営が行き詰まるのだが、久太郎が社長をつとめる岩見銀行は堅実な経営で無事乗り切り、大正2(1913)年浅五郎が取締りに就任、久太郎が監査役におさまり、大正15年の玉垣奉納にいたったのだろう。
posted by 早春 at 11:46| Comment(3) | 地域史話最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JR網干駅の北の小山が「日吉山」とは初めて聞き(見カナ)ました。通称和久山で通って居りましたので、長年の疑念が晴れました。
Posted by 三四郎 at 2009年09月25日 19:55
豊臣秀吉の幼名は日吉丸でした、その妹の名は朝日姫といいますので、朝日山の脇の小山を二人の幼年時代の名にちなみ付けたのでしょうか、昔の人は洒落っ気があったのですね。明治初期の字限図に日吉山で表れています。和久山の名は比較的あたらしいもので、和久地区からの呼び名で、糸井からでは糸井山、北裾は糸井村の墓域となっていることは御存知の通りです
Posted by 春 麗 at 2009年09月26日 21:00
 早速に詳しく説明下さりありがとうございました。
 石見銀行の前をチンチン電車が走っていたのであろうと、思いを巡らすだけでも楽しいです。
Posted by 三四郎 at 2009年09月27日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。