2009年09月09日

坪田醤油を支えた人びと 2

■姫路市網干区興浜こんぴらさん境内■

坪田家三人の碑.JPG  坪田前停留所.jpg


 本殿が鎮座する内境内にある坪田久太郎・浅五郎・薫の三本の碑には、彼らの特別な思いが込められているようだ。大正4 (1915)年これまで別会社でそれぞれが社長をつとめていたが、時代の趨勢を素早く見通した坪田一族は、製造および販路拡大のためこれを一つに合併して坪田醤油株式会社を新たに発足させ、兵庫県の醤油醸造家としての位置を伸展させる気概から、これら三本の碑は新しい門出に際し結束の固さを誇示するために敢えて新しい碑の建立となったのであろう。
 久太郎の祖は浅五郎家と同じく姫路市八代の出で、浅五郎とは従兄弟という間柄であった。昭和2(1927)年久太郎は坪田醤油株式会社の社長となり、浅五郎と薫が役員をつとめている。
 伊津村の幹線道路は路地としか言いようのない細くて狭い村道を縫うように走っていた路線バスが、南の浜国道(250号線)に移動した今も、坪田醤油会社の名残を伝える「坪田前」停留所にかつての栄光と繁栄のよすがを伝えている。坪田家はのちに水産業者への融資を念頭においた銀行経営に深く関わり、一個人の利益にこだわることなく常に海につながる同胞を気遣い、御津村の岩見港から兵庫の岩見港へと高い志しをもつ一族であった。
 
posted by 早春 at 14:17| Comment(0) | 地域史話最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。