2009年06月24日

北良  きとら

■姫路市飾東町塩崎■

天川橋.JPG   北良周辺.jpg


 暴れ川の異名をもつ天川の全長は18キロメートル、その中流域に位置する塩崎の北方に「北良」と書いて「きとら」と読む小字地名がある。文字のままの読みだと「きたら」ではないかとの問いかけに、地区の男性は頑(かたく)なに「きとら」ですとこだわりをみせる。
 「きとら」地名であれば、奈良県明日香村のキトラ古墳が平成10年3月に調査が行われ、石室内の壁画に彩色された四神と、精密な天空の星座が確認されて当時の新聞記事を賑わせた記憶がよみがえる。この古墳は昭和58年壁画があることが判り「亀(き)虎(とら)古墳」と命名されたいきさつがある。この亀虎の当て字について日本地名研究所所長池田正則氏は、「地域の小字名だった北浦が転訛してキトウラ、キトラになったもの。それなのに最近では江戸時代に古墳の中をのぞいた人が、亀と虎の壁画を見たからと」安易な当て字にたよる命名を否定され北浦説を説かれたが、皮肉なことに今回の調査で古墳内部には白虎だけでなく玄武までもが壁画中に存在して、安易な当て字ではなかったことが証明され「伝説にも一縷の真実有り」の言葉を今更のように噛みしめる。
 では同じ読みながら古墳の在りかも定かではない塩崎の北良(きとら)はどのような解釈がふさわしいのであろうか。北はそのまま方角を指す語に間違いはなさそうなので問題は「ラ」である。語尾にラのつく地名をみると良、等、羅などの当て字が多く、あちら、こちら、などと同じく方向を示す接尾語と考えられるので、集落の中心から見た北の方角が地名に定着したのではなかろうか。
 姫路市内の「ら」の付く地名は飾磨区構の「北ラ」上野田の「北ラ田」もあれば船津町の「東ラ」太市石倉には「西ラ」だってあり、そのほか数件にのぼる多さはすべて方角を示すラ地名であるから、「北良(きとら)」の読みはともかく方角地名と位置づけても無理はないだろう。
posted by 早春 at 22:29| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。