2009年05月29日

大ソリ  おおそり

■姫路市継■

継北1信号付近.JPG  山中に鎮まる住吉神社.JPG



 風土記にいう継(つぎ)の潮(みなと)の比定地とされる継は、姫路バイパスで北方の視界をさえぎられているものの、見野廃寺跡や長塚古墳、姫路の石舞台と噂に高い見野古墳群など古代遺跡の宝庫に隣接する。
 このような背景に支えられる継の地名由来は、風土記に一人の女が死んだ、女を復(つぎ)生(い)かしたので継の名が起こったとするも、実のところ韓泊(福泊)からの舟運中継地の継(つぎ)湊(みなと)が名の起こりとの説も捨てがたい。
 入り海湊の名残は村内北西山中に住吉神社があることだろうか。竹林のトンネルをくぐり抜け住吉さんへの参詣を終えてだらだら坂を下ると、幹線道路312号線へ出る。「大ソリ」の該当地はここから南の「継・北」信号を東西にまたぎ、条里制度の地割りにならったと思(おぼ)しき水路で区切られる小区域である。
 ソリという地名はアラシだとかコバ地名と同様に、焼畑地名だといわれ『日本歴史地名総覧』は、焼畑はもともと山の急斜面を利用するので後地が荒れて崩壊することとは、焼畑の両側面であって崩壊地名をも意味すると記述する。なおソリという語は地方によってソウリ、ゾウレン、ソウジと種々に変化を遂げ、漢字表記をみると反・曾利・蔵連、太市石倉山中の「掃除」や御津町碇岩の「剃山(そりやま)」などは焼畑が終ってさっぱりと小綺麗(こぎれい)になった当時の状況がよみがえるようだ。しかし焼畑地名といっても一様でないことを柳田國男は『地名研究』の中で告げる「ソリは休んでいる土地であり畑を焼くことではなくして…」との一説から、ソリは焼畑そのものではないこと、その跡地の地力が肥料切れのために休ませた土地の状態の名であること。つまりこれまで焼畑を一括りにしての解釈だったソリ地名の奥深さに地名の多角的解釈がどこまで迫れるのか心許ない。
 市内のソリ地名は当地のほかに明田・広畑にもあって、明田には新羅(しらぎ)神社、広畑には播磨国と同じ「播磨」という遺称地名が残る。古代播磨の野が空が焼畑の炎で赤く染め上がった拓(ひら)けゆく時代を語る地名である。

posted by 早春 at 11:41| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。