2009年04月15日

渡来 わたらい

■姫路市北原■

旧名白髭明神社.JPG  松原井分水地点.JPG



 姫路駅前を出たバスが細い道を通り抜け阿保橋を過ぎたころ、眼前に市川左岸の平野部が広がりを見せてきた。この道筋は県道白浜・停車場線といい、間もなく田に水が引かれるという六月の午後、噂に聞くところの「糸引井」の分水地を訪ねる。
 分水地点は河川記号で住宅図に表され、奥山・継・東山分水は東へ、松原・中村・宇佐崎への流れは南方面へ伸びる農業灌漑用水で、この水路の開削を四世紀の中ごろと推測するむきもある。
 渡来という名の土地は分水基点の南西方向にあって、条里遺構とおぼしき水田が広がっていたのだが、開発がすすみ記憶に残る風景はもはや失われていた。近くで庭の手入れに余念のない男性は「ここは歴史なんか何もない田舎やでー」と気の毒そうに笑ったが、なんのなんの、農業用水を二方向へ分水という高い技術を持ち合わせた職業集団が、定住した形跡を秘めた歴史の宝庫、それが渡来(わたらい)という地名の起こりに違いないのにと一人呟(つぶや)く。
 県道を西へもどり、坂道をあがると広いグラウンドの脇に大歳神社がある。そこは通称藤の棚と呼ばれ、平坦地をあらわす「棚」と呼ばれる地名は、グラウンドの転換にもってこいの場所であったのだろう。大歳神社脇の小祠は元の名を白髭明神社と伝え、あまりの古社ゆえに祭神は判らないらしい。しかし白髭社であれば若光(じゃっこう)王(おう)を祀っていたに相違ないのだが、若光王は高句麗系の渡来人といわれ、王族の出身で高句麗滅亡の二年前(六六六)に日本に渡って来たと伝えられる。この王が祭神であれば、ここを開拓して定住の地と決めた人びとの出自は高句麗系と推測できる。
 それはとりもなおさず灌漑分水という高度な技術を引っさげて移住した集団であったはずである。そのころ南の白浜町はなお湿原状態の平野が広がり、分水堰築造を仕上げた渡来人集団は先駆的な鉄器を使用して石を削り、刻苦の末に切り拓いていったのだと確信がもてた。
posted by 早春 at 14:10| Comment(6) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このたびは北原のことを取り上げていただき、たいへんありがとうございます。地元では、大歳神社西側の小さな祠は、「おおとっさんのおじぞうさん」と言われていましたし、地蔵盆も行われていますので、お地蔵さんとばかり思っておりました。大歳神社本体が「村翁夜話集神社之部」の伝えるところの「白髭社」と思っておりました。小祠のほうが「白髭社」である出典をご存知でしたら、ご教示いただきたくお願い申しあげます。昔、祖母から聞いた話では、「藤の棚」は姫路バイパスを越えた河合家の墓所のある尾根の東西のどちらかの谷の辺りをいっていたように記憶しているのですが、もう直接聞くことができないので、確認のしようがありません。グランドができるまでは、神社の前に大きなため池があって、神社とお地蔵さんが鬱蒼とした森の中にポツンとある、子供の頃はこわーい所でした。
Posted by 北原青年団OB at 2009年04月18日 15:38
白髭社の資料は「姫路の神社」に載っています。麻生神社の宮司さんの執筆ですが、大歳神社にはそれらしき祭神が祀られておりませんので小さな祠との区別が解らなくなっているのだと思います。小さな祠に地蔵さんがあれば、それが猿田彦命で塞神(才神)だと考えられます。大歳神社は穀霊を祀りますので開拓神が白髭明神かも知れません。『兵庫県神社誌』は大年神社は猿田彦命を祭神と載せて小祠を無視していますが、もしかすると異国の人を神と崇めることをいさぎよしとしなかった時代の感覚が、白髭社の伝説抹消につながったのかも知れないと思います。
Posted by 春麗 はるうらら at 2009年04月19日 22:43
春麗さん、ご回答ありがとうございます。姫路市史第十一巻上 史料編近世2に採録の「宇佐崎組村々明細帳(寛延3年=1750年)」によりますと、北原村内の神社として、(1)氏神八幡宮(境内:40*40間、神主:清大夫、本社、拝殿あり。いまの八幡神社)、(2)白髭大明神(境内:60*25間、神主:七郎大夫、小社あり)、(3)大歳大明神(境内:10*10間)の3社の記載があります。ですので、江戸中期には、白髭大明神と大歳大明神は別々に祭られていたようで、境内の規模の大きさ、神主が別々に立てられていることから、白髭大明神は氏神さんなみに祭られていたようです。春麗さんご指摘の「白髭社の伝説抹消」はかなり激しく行われたのかもしれません。なお、現在、八幡神社の東隣に住吉神社が祭られておりますが、以前は、八幡神社に合祀されていたそうですが、大正期に八幡神社を建て直した際に、八幡神社の旧本殿に移したそうです。上記の村々明細帳には、住吉神社の記述は皆無ですが、「白髭大明神」を「住吉神社」に読み替えたなんてことはないでしょうか?また、奥山との間にある片山の上に、子供のころ(40年ほど前)神社らしき祠(小社)があったことを記憶していますが、昔屋台がのぼっていたお旅所があったと聞いており、誰が祭られていたかは聞いたことがありません。境内の規模からして、白髭大明神は片山の上にあったのかもしれないと想像しております。なお、片山の突端は「てごの鼻」と呼ばれ、大昔、海に突き出た岬だったと言い伝えられています。地元のことでも、よく分からないものですね。
Posted by 北原青年団OB at 2009年06月29日 22:00
うーん難しいですね。ご指摘を拝見しますと八幡宮と白髭大明神 大歳大明神の三社までは文献で証明されるようですね。その後の変遷が分かるものは藩主忠恭寛延2(1749)年入封時の村明細帳は新藩主の要請によるものでしょうし、この時代のものが他にもよく残っているようです。
お旅所があったとの話は麻生八幡宮へ参詣の休憩所ではないのですか、お旅所は網干にもあります。網干ではどこからどこへというものでは無さそうで、隣接して潮掻き場がありますので思案のしどころで、これは結論にはいたっておりません。
なお「白髭大明神は片山の上にあったのかもしれないと想像しております。」このご意見は正解だと思います。地名から見た「てごの鼻」の解釈は「手(て)向(ごう)の端」だと考えられます。鼻は端の変え字で手(て)向(こう)は音読みでしょう、これを訓読みにしますと「たむけ」、手向けとは峠の意味なのです。峠にはよく塞神が祀られ海に突き出た岬だったとの言い伝えを100パーセント正しいとしますと、峠の神イコール猿田彦神につながります。この言い伝えを知っていた人たちが考え出したのが海神(わだつみがみ)=住吉神を祀ることになったのかも知れません。ちなみに海神(わだつみがみ)は渡来人の祖とされています。これくらいしか今の私には分かりません。
Posted by 春麗 at 2009年07月02日 22:02
春麗さん、度々の丁寧なご回答ありがとうございます。住吉神社が片山の上にあり、お旅所になっていたらしいことについては、四半世紀前の青年団幹部時代に書いた祭り関係のメモにも残っておりました。出典は明らかではありませんが、祖母や村の関係者に聞いたものと思います。なお、村の言い伝えや飾磨郡誌の記述によれば、もともと北原は松原八幡宮の氏子であったようで、江戸末期の元治元年(1864年)の北原八幡宮の遷宮は松原山八正寺の僧侶により執り行われております。一方、当村と麻生八幡宮とのつながりについての記述、村の言い伝えともに私の知る限りは皆無ですので、お旅所が麻生八幡宮への参宮の休憩所であった可能性はほぼないのではないかと思います。「てごの鼻」については、飾磨郡誌では、「手くりが端」「でんから端」と記載しており、「昔此所まで魚舟来りて網を干して故此名あり」としています。「てごの鼻」の奥山側にまわりこんだあたりを「とぎのあっちゃ」と呼んでいたのですが、意味、由来ともに不明です。春麗さんの解釈がお聞きできるとたいへん嬉しく思います。あと、大歳神社から県道に出たあたりの北原西口のバス停付近を「おきの鼻」と呼んでいました。小学生のときに、東山在住の高校の生物の先生に植物採集に連れていってもらい、兼田のセンドのそばの崖に、もともと海岸にしか生えない植物が生えているので、この辺りまで昔は海だったと習ったことがあります。ですので、仁寿山南面に伸びる尾根筋の突端は、当時海に突き出た岬になっており、「てごの鼻」、「おきの鼻」などの名前が残ったものと思います。しかし、地名の言い伝えの伝承性って驚異的ですね。しかし、人の移動域の拡大、農業の衰退、宅地開発で、地名伝承も今が最も危機的な状態かもしれませんね。このブログのように、書いて後世に残すことが重要な時代ですね。
Posted by 北原青年団OB at 2009年07月11日 17:30
地名の言い伝えの伝承性って驚異的ですね。人の移動域の拡大、農業の衰退、宅地開発で、地名伝承も今が最も危機的な状態かもしれませんね。「まったく同感ですむしろ遅きに失したと思うときがあります。時はまったなしに進み地名の崩壊が進み、私の仕事は斜陽を迎えています。ブログへの書き込みは後世に残せないのではないですか、重要な事は紙に書き残すことだと思います。間もなく地名色模様も終章を迎えます。知的なお付き合いができて嬉しいかぎりでした。又どこかでお会いいたしましょう
Posted by 春 麗 at 2009年07月12日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。