2009年02月28日

小金田  こがねだ

■姫路市北条■

かつての小金田荘の姿.JPGc  大通りの左右が小金田の該当地.JPG


 三左衛門掘りの東を通る県道姫路停車場線(二一九号)とよばれる大通りは、市内でも屈指のオフィス街となり、日を追うごとにさまざまなビルが林立する繁華な町に変身を遂げている。
 『播磨国風土記』英保里の条に該当される北条の地味(ちみ)は中の上と記され、土地の善し悪しの評価が高いのは、市川の氾濫原野たる所以(ゆえん)なのであろうか。
 小金田といえば黄金田とも書く場合もあることから、黄金の稲穂が波打つ田圃を表す瑞祥地名かとの思いもするのだが、そうとばかりは言い切れず、日本人が昔から主要穀物とした五穀の内の金粒の粟、これしか収穫できない悪田を黄金田に見立てたものかは分かりかね、小金田の解釈は今のところ不明である。
 江戸期はずっと北条村を名乗り、のちに庄田・南条・北条が合併して国衙村となったものの城南村へと移行。度重なる行政の変革で貴重な古記録は亡失したらしい。そんなこともあって昭和十年発行の『地名宝典』をたよると、小金田と呼ばれた場所は地区内でもやや西よりに位置し、最近まで小字地名の場所をそれとなく示す「小金田荘」が建ち、唯一小字地名の在りかを留めていたが、それとていまは更地となり、現在の行政地名は北条一丁目という。
 北端の字(あざ)上芝原に「福島紡績株式会社」の表示、道を隔てた東の字(あざ)定旨(ちょうし)から神屋田を含む広範囲な場所に「片倉製糸会社」の文字、南は「○ト組製糸会社」と記載されて都合七箇所の小字(こあざ)地名が消去されている。ちなみに明治二九年四月に設立された播磨紡績は北条二一番地に本社工場を置いていたので、明治四五年福島紡績との買収交渉が成立するとその翌日から姫路支店として操業を始めた。片倉姫路製糸所は大正六年四月に創業、昭和一六年二月に閉鎖。○ト組姫路製糸所は大正六年三月の操業である。
 姫路市域内の「八大工場」とよばれたうちの、実に三社が北条村に設置されたには、広大な敷地の確保に加え良質の水の取水が得られたからに違いない。それを満たすに充分な地の利があったからこその賜物(たまもの)であろうか、今また国衙庄の片鱗と三大工場が競う華やかなりし時代を再現しつつある北条である。
posted by 早春 at 12:07| Comment(0) | 姫路市中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。