2009年02月14日

桃ケ坪  ももがつぼ

■姫路市白浜町中村■

中村白浜の町並みと麻生山.jpg  宇佐崎踏切の百合崎地蔵堂.jpg


 私蔵する昭和五五年の住宅図を見ると、むかしのままの畦道が図面上に幅を利かしていたのだが。いつしか整然と区切られた新しい洒落た町並みに灘の里は変貌していた。
白浜土地区画整理事業が始まったのは昭和四八(一七九三)年ころ、この年をキッカケにして奈良時代の条里制区画を踏襲する田の遺構跡は大きくくずれていった。
 条里制遺構を確かめる手だてとなるものは、意図的に区切られた田の並び具合と共に、小字地名に条里制度と思(おぼ)しき地名が残っているかどうかが鍵を握る。なかでも「五ノ坪」のように数字の付く坪名があればまず疑いなく、これが複数残されていると立派な古代の田制が図上に点描されていると考えてもよいだろう。
 では表題の数字ではない「桃ケ坪」はどうなのであろうか。果物の桃は普通「もも」と発音するが音読みすると「とう」、すなわち十(とう)に通ずることから十ノ坪に桃の文字を宛がう例は多く、これは昔話に登場する桃から生れた桃太郎のなつかしい記憶が脳にインプットされているからかも知れない。当町内には三の坪だとか、十の坪、十一の坪、柳ガ坪など条里地名が点在していて、なかには十カ坪の変え字と思われる遠ケ坪(とおがつぼ)も見うけられる。だが古い字限(じげん)図(ず)上にこれらが必ずしも条里制度の配置上にある訳ではないのが、思案にくれるところである。ともあれ他所には一ノ坪の変え字である市ノ坪や石ノ坪があり、松ノ坪は条里制度三十六ノ坪の末(まつ)ノ坪かも知れず、梅ケ坪の梅はおそらく埋めの変え字であろう。      
 海岸線の後退で広大な湿地が生まれると、条里制を取り入れて良田とした人びとは、石を切り出し組み立てて分水するという灌漑技術を駆使して「糸引(いとひき)井(ゆ)」を成し遂げた同一集団の可能性がもてる。彼らは後世渡来人と呼ばれ歴史上にその偉業を高く評価されている。
posted by 早春 at 10:52| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。