2008年12月15日

西ノ神  さいのかみ

■姫路市豊富町細野■

公民館前の記念の石碑.JPG  バス停脇の道標.JPG


 東の古法華まで東西につづく県道大柳・仁豊野線は、静かな集落を避けて昭和二三(一九四八)年に完成、バス停前の道が旧道かと思いきやこれは新道らしい。
 一筋北の旧道は細くカーブしながらゆるやかな坂道がつづき、なるほど村の中心地であろうか、公民館前に出るとユニークな表示の石碑に「二十世紀の細野」の様子を「細野公会堂新築は昭和五七(一九八二)年」「細野に電灯がついたのは大正九(一九二〇)年」こんな風に箇条書きで村の文明変遷の歩みを簡潔に記す記念の碑が建つ。 
 「西ノ神」の場所は北嶺の中腹辺りにあって村境には程遠く、さりとて道が出合う辻でもないのに「さいのかみ」とは合点がいかないが該当地を訪ねると、折りよく居合わせた当主から「昭和のはじめころ亡くなった父親が「拝み屋」を家で行っていました。子どもの疳の虫に良く効き、遠方からでも子どもをつれて訪れる人が多く、よく繁盛してました。疳の虫に効く特別な薬を与えていたのかどうかは、自分が子どもでしたので記憶があやふやで、家も建て直したので何も残っていません」との話を聞かせていただく。
 「拝み屋」といえば庶民の苦悩を和らげるために加持祈祷を行い、星の動きで吉方を占う霊能者で、土御門家が発行する司天家(してんか)の免許状を持つ家もある。陰陽道の流れをくむ祈祷師たちは、疾患の病苦を取り去るがサルに通ずることから「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿を信仰の対象に据えた歴史は古く、元は道祖神だとか庚申信仰に起原をもつ。
 近隣に拝み屋として名を広めた浅田博文家は、改築以前は背後の高台「西(にし)の岡」に屋敷があっといい、これは西(さい)ノ岡の可能性が高い。明治の修験道廃止令で庚申信仰も廃れたが、霊能者として信頼を得ていた拝み屋はそのまま昭和の御代を迎えたのだろう。
posted by 早春 at 17:18| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。