2008年12月01日

白幣山  はくへいざん

■姫路市広峰■

参道十八丁の碑.JPG  本殿裏から望める白幣山.JPG


 バスの終点駅広峰で降りると、「従(これ)是(より)廣嶺山十八丁」と記された石碑が3本出迎える。石碑は嘉永7(1854)年のものが古くて大きく「嶺」の字が見え、大正14年、昭和25年と並ぶ。
 大正7年刊行の『牛頭天王』は「廣峯山の文字、往古は廣峯山とこの峯を書きしが、後土御門天皇の明應6(1497)年度に勅宣あり、廣嶺山と嶺の字に改められる」と記し、素盞鳴尊を主神に仰ぐ社(やしろ)の名は峯の字を使い廣峯神社(牛頭天王)で、山名には五百年余りの歴史をふまえ廣嶺山の表記である。
 本殿の裏手に望める白幣山の標高は約 260メートル、中腹にあったという吉備社、荒神社は現在山頂に遷され、この白幣山には別名も多く「幣(みてくら)岳(だけ)・白(しろ)幣(にぎて)峯(みね)・伊多て(いだて)神山(かみやま)・西ノ峯と呼び、白幣峯について素盞鳴(すさのおの)尊(みこと)の御威徳により霊気立ち昇り、あたかも白(しろ)幣(にぎて)の閃(ひらめ)くがごとくこれが山名の起こりになった。西ノ峯と呼ばれる訳は廣嶺山には三峯あり、神殿はその中央の嶺に建ち、その東の峯には当社の摂社天(あま)祖父(さい)神社あり」と『牛頭天王』。天祖父神社への道筋に繁栄時の社家屋敷の崩れかかった土塀がなぜか侘しい。
 話をもどそう、神社への山項までの距離を示し路傍に立つ丁石の一丁は約109メートル、すると18丁は1962メートル。色づいた雑木の合間に見える山陽自動車道が今の高さを示し、青い海の彼方の島がかすみ眼下は絶景だ。大鳥居脇の十六丁石を過ぎ本殿にさしかかると、石段脇に当国加東郡市場村近藤文蔵再建(慶応2年)の常夜燈が目につく。
 近藤文蔵は海運業を営み姫路近辺の南部海岸の干拓を自力で手がけた人で、たつの市御津町成山新田の前身は近藤新田であった。疫神や農耕神として播磨一円に名高い廣峯神社への常夜燈寄進は、開拓地が緑なす平野に生まれ変わることを祈願してのことであろうか、周旋方同村長兵衛の文字も見える。
posted by 早春 at 14:10| Comment(2) | 姫路市中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近藤文蔵の父親である近藤亀蔵は、江戸末期の興浜干拓事業で関係のある方なので少し調べた事があります。「興浜騒動」

明治の初めごろに、市川と円山川を結び瀬戸内海と日本海を繋ぐというすごい計画の土木事業を実際に行ったようですね。

その時市川町神崎の川口屋さんが、近藤文蔵の代理人であったようです。川口屋は普通の人が徒歩であがる広峰山を駕籠に乗ってあがっていたという記録があり、近藤文蔵の常夜灯の寄進とつながりがあるのかなと思いコメントさせて頂きました。

「旧近藤家 文書」
万延元年(近藤文蔵の代)福本藩より知行壱拾伍人扶持給与 市川筋掘削工事文久三年近藤文蔵円山川市川の水源を連 絡して舟行の路を開き、我が国交通運輸上大捷路を開通する 計画を立て、先ず市川筋の掘削工事に着手し、首として粟賀 及び飾磨の両方面より水路掘削を始めしが----灌漑その他で苦情百出 遂に計画を放棄工事中止云々
Posted by 興ちゃん at 2008年12月01日 21:35
有難う御座いました。文蔵にしろ、勘兵衛にしろ大きな資産をどうして築きあげたのか、考えずにおれません。加東郡は決して近い距離ではないのにしっかりした情報源を持っていたのですね。今在家にも近藤新田がありますし。周旋方同村長兵衛ですから神崎の川口屋とはどうでしょうか。
 物言わぬ石碑の研究は有意義だと思いませんか。
Posted by 春 麗 at 2008年12月02日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。