2008年10月31日

柚木河原  ゆぎがわら

■姫路市西延末■


手柄山遊園地を望む.JPG  ニ川合流点.JPG


 姫路駅構内から西へ向かう列車は二本、一本の山陽本線は手柄山遊園地の脇を直進して西へ向かい、姫新線は当地区北端の冑山神社下をかすめ通過して岡山の新見を目指す。ちなみに、姫路の姫と新見の新の頭文字の組み合わせが姫新線の呼び名の始まりである。
「風土記」に「冑の落ちた処は冑丘」と語りかける十四の丘の一つ、冑山神社の山頂から至近距離に望める手柄山は、これまた十四の丘に登場する山で、古代の二つの丘に抱(いだ)かれた当地区の歴史的風土は奥深いものがありそうだ。それを確かめるべくしばし時を巻き戻してみよう。
たとえば、遊園地内の赤や緑に塗られた観覧車と付近のビルを排除する。完成したJRの高架とこれに沿った県道も地下へ潜らそう。時折通る姫新線だって線路を撤去すれば列車はもう来ない。すると条里制に倣(なら)い開発がすすめられた一町の田は、いまも「町田」の小字で引き継がれ、北には「加賀(かが)杭(くい)」の小字で平安時代に設立された勧学院の食(じき)田(でん)が広がりをみせる。東からの船場川の流れ込みに加え、水尾川の派流が二筋三筋と交錯(こうさく)しつつ村の中を南下する流れは絶えることはなく、清らかな水と太陽の光に育(はぐく)まれた稲穂の垂れる風景が浮かび上がってきた。
そんな集落の最南端の川淵に河原が生まれると人はそこを柚木(ゆぎ)河原と呼んだ。柚木とは「結い」の転訛ではないだろうか。結いとよばれるこの制度は字のごとく手を結び支え合うことを言い、お互いが助け合う相互扶助の仕組みは、農耕を成業(なりわい)とする日本が他国へ誇れる風習であった。田植えの時期になると一軒の田植えを数軒または十数軒で助け合う労働時の貸し借りの習慣を手結いということから「田結い」と書かれることもあり、田井や田居、鯛垣内などの当て字で市内に残る。
田の手入れや水路の整備に力を結集した古き良き時代を反映する結いの心は、香(かぐわ)しい植物の柚の木に引き継がれ、集落に潜在する知的な文化の息吹きを発散している。


 
posted by 早春 at 21:14| Comment(0) | 姫路市中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。