2008年09月27日

勅旨 ちょうし1

■姫路市花田町勅旨■


市川右岸から見た勅旨.JPG  電柱表示まで変わった.JPG


 ある大手出版会社が発刊した地名辞典に、姫路市花田町勅旨(ちょうし)を(ちょくし)と載せ、通称はちょうしと紹介している。ちょうしは初めからこの名であって通称ではなく、これまでに「ちょくし」の呼び名はなかった。それが資料的価値の高いとされる地名辞典に載ることで一般化され、地元をはじめとして全国に流布していく恐ろしさを身をもって体験している。
市川下流域左岸の河川沿いにある勅旨の村東には、町内外9カ村の用水をまかない町名の由来ともなった花田井(鼻田井とも書いた)の流れが通じ、正徳3年(1713)以前に造成されたと伝わるこの井溝筋が、市川の旧河道ではなかろうかと注目している。
 『花田史誌』によると「むかしはこの集落の東を川が流れていて、戸数わずか13戸ばかりなり」と記され、小さな村の様子がおぼろげながらも浮かび上がる。川が東であればそれは小川と呼ばれた時期で、深田だとか高河原・小島などの小字(こあざ)地名が示すように新田の可能性が濃厚で、ある時期「勅旨垣内」と呼ばれた小集落誕生の変遷は遡るほどに奥深いと感じた。
では、勅旨という地名の真の解釈はどうなのであろうか。『地名用語語源辞典』を引くと、「(たふし・倒し)の転で崩壊地名・侵食地形を云うか」とあり、侵食された危険な地形を指しているようである。たふし(倒し)とは目の前のものが突然倒れるとか崩れるとかの意で、川岸の集落をたびたび襲う洪水の被害箇所に多い地名である。たふしと云う言葉が永い年月の間にちょうしへ転訛すると、以前からの言葉は意味を失いちょうしの音だけが伝わるが、それさえ忘れられて意味不明のために、神功皇后や菅原道真が立ち寄ったとかの貴人伝説がまことしやかに語られるのが常である。ここ勅旨にもこれに似通ったいくつかの伝承が残される。その一つは「南に近接する播磨国分寺があることから勅旨田の遺称地名」だという説、また古代山陽道が勅旨を経て広峰山や書写山へ通じていることから「書写山円教寺修造のとき下向した勅使が止宿した」との説など、この二つが根強く語り継がれている。しかし米作りに不適切かと思われる川淵の侵食されやすい土質が「勅旨田」としての機能を果たし得たであろうか。また「戸数わずか13戸ばかりなり」の戸数では勅使が止宿して十分な応対が行き届いたのであろうか。
 この説に対し旧の『姫路市史』は「永享4(1432)年8月洪水、9月地震、書写・増位・国分寺の堂塔多く倒壊す」勅使大納言基秀が状況を視察に訪れ数日増位山に逗留、宿にされたのは増位山内と記述が見える。洪水で軟弱になった地盤に地震が襲いかかると堤は難なく倒壊したであろう。これを目の当りにした人々の率直な気持ちが「たふし」へつながり、ずっと後になって勅使下向の事実と重なり伝承が発生したと考えられる。


posted by 早春 at 14:46| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。