2008年08月26日

鐘鋳場  かねいば

■姫路市白国■

佐伯神社.JPG  手すりが赤いしらかね橋.JPG


 数ある増位山随願寺への参詣道のなかでも、佐伯神社脇の道は細くいまも古道の面影を伝え、天空を覆う境内の椋の巨木も健在だ。太古と変わらぬ翠陰に癒されて鐘鋳場の地を訪ねる。
 念仏堂の下を流れる増位川をへだてた1203〜1255番地辺りの該当地は意外と狭いが、新しく住まいを設けた人も、ずっとむかしからの住人も、地名へのこだわりは少ない。
 鐘鋳場という地名について『姫路市町名字考』の著者は「鐘鋳場は随願寺の鐘を鋳た所であろう」と鐘の字にこだわりを見せているが、柳田國男は『地名の研究』のなかで、「カネイバという地名は山陽・山陰・四国・畿内、東国の国々に及んでいる。通例は鐘鋳場、鏡鋳場の字をあてて、往々にして付近の大寺の鐘を鋳た所だとかの口碑を伝えている」と述べる。柳田の言うように確かにここには随願寺という大寺を背景にした説が定説となっているが、真実はどうであろうか。 
 県下朝来市の鉱山町として名高い生野町の「口銀谷」はくちがなやと読み鍛冶屋町があり、市内飾東町八重畑鉱山跡には「金池」があるも鉱質は銀や銅のほか亜鉛・スズを産出し、鉱山とかかわる字名「雉子ガ端」があって、ここ増位川上流の鐘鋳場北端には「しらかね橋」が架かる。しらかねであれば銀の産出があったのだろうか、一般に鉱石すべてをひっくるめてカネと表現するのを見れば、鐘は鐘でも寺の鐘ではなく鉱石全般を指すカネに的をしぼるのも一策であろう。
 谷間を流れる増位川の源を増位山といい、山の西北から吹き降ろす風は古代語で「アナジ」「アナゼ」と呼び、北からの季節風を指す。推測の域を出ないが谷川の急流は山の鉱物を押し流し下流で鉱物をすくい取りカネを溶かすタタラが必要となる。それがカネ鋳場で「鋳物の場」がつづまって鋳場となったもの、鉱石を溶かすには自然の強風を必要とした。たとえ製鉄遺構が見つかっていなくとも山があって、近くに急流をともなう川があり、鋳場という地名があればこれ以上の好条件は望めないのではないか。
 製鉄技術集団を率いた人たちの出自は、新羅を征したので軍功により白国と名付けて、ここを本拠とした人たちに違いない。播磨最初の国造になった佐伯直(さえきのあたい)は鉱物の力で支配権を握ったのではないだろうか、彼を祀る佐伯神社は目と鼻の先の距離にある。
posted by 早春 at 21:50| Comment(0) | 姫路市中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。