2008年07月15日

いか土 いかづち

■姫路市山野井町■

岩端大師堂全景.JPG  唯一残るいか土名.JPG

 
  姫路城の西を南流する船場川と名古山の間の景福寺山の標高は51m、北西の山腹が近年になって一挙に開発が進み、元から有った地蔵堂が肩身狭しと地区の集会所で寄り合い所帯となっている。
  『播磨国風土記』の十四の丘の「船丘」に比定される景福寺山は、江戸時代姫路城主の国替え時に南麓の寺院名が変わるたびに山の呼び名も変わり、明治15年作成の字限図には増位山と載る。 
もと山野井町に属していた「いか土」の場所は、山の北麓一帯を占め東西は大溝で仕切られた湿地の野が広がっていたらしく、昭和11年ころから始まった急激な都市化で、かつて嵐山と呼ばれていたことから嵐山町を名乗り、小字(こあざ)地名「いか土」はこの時消滅した。 
 「いか土」地名の由来は、まず雷の古語である「雷(いかずち)」説がある。怖い物の代名詞であった雷の稲妻の閃光に畏れおののいた人びとは、これを雷神と崇め別雷神を祀った。恐れながらも慈雨をもたらす神への感謝と自然への畏敬を込めたのであろう。奈良県明日香村の雷(いかずちの)岳(おか)の大字に雷(いかずち)があり、雷岳を甘(あま)樫(かし)丘(おか)の比定地とするのは奈良地名研究所の池田末則さん、徳川期には雷土と書きイカヅチと訓読していたとこだわりを見せる。
つぎの「巌土(いかつち)」説は、ある辞典に「厳(いかる)は形容詞イカル・イカシで険しい山麓を言い、後ろの山から落ちた土砂で埋まった土地は、川をも埋め尽くしてしまう様子をいう」とある。  
 最後にいか土をふくむかつての山名「嵐山」の語源に注目してみよう。アラシの語源は、古い時代の焼畑耕作を慣習とする傾斜地や崖地に与えられた言葉をアラシだとかアラスなどというので、古代に遡れる原初農耕焼畑地名がもっともこの地に相応しいように感じられるのだが、どうであろうか。
 京都の嵐山から連想される雅な景観から予想しえない古い山の営み、それにつれて裏腹な危険性を我らに警告しつつ、険しい山麓の危険地名を我らに伝えるべく残した地名だと思えるからにほかならない。
posted by 早春 at 16:40| Comment(0) | 姫路市中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。