2008年06月30日

桜ノ木 さくらのき

■姫路市豊富町江鮒■

裾池と甲八幡神社の赤い鳥居.JPG  段丘の坂道.JPG


 仁豊野橋を東へ渡ると間もなく甲八幡神社の赤い大きな鳥居が視界に飛び込んできた。鬱蒼と繁茂する木々の奥の古社に祀られる神は「風土記」に記され、神の名にちなんだ町名が生まれ、山の姿から甲山と呼ばれる。
 バスに揺られ江鮒停留所で降車。北へ向かうバスの後尾を見送ると、あれっバスが目の前から消えていった。甲山の標高は107.8m、の独立丘で、裾野は河岸段丘とよばれる豊富平野が広がりをみせる。なるほど先ほどのバスは段丘の最高段を下っていったのだとやっと理解できた。
 「桜の木」を尋ねるため地図を片手に広げると裾池の奥に鳥居の表示、字限図にも残る裾池は段丘の最高段に位置し、その名の通り山裾の平坦地の窪みにできた池であろう。目的地は池の下手(しもて)に当たり1758〜1766番地とさほど広い範囲ではなく、この壮大な平野に似つかわしくなくむしろ狭いともいうべきであろうか、該当域の建屋の裏側は低めの崖が石で築かれ通り抜けは不可能らしい。裏手に回ると誰が見てもはっきりとわかる坂道が北へ延び、両側に階段状に仕切られた家屋が建つ敷地から、ここは自然の地形に付けられたサクラ地名との考えに至った。
 日本人が愛してやまない桜の花は、地名に用いられることが多くその解釈は一様(いちよう)ではないが、漢字にこだわらずサ.ク.ラという語を分解してみるのもいいかも知れない。サ、クラのサは狭い所を表す接頭語、クラは谷を意味する古語であり崩れやすい谷をいう言葉なのだから、これほどの条件に適う場所に異論はないだろう。
 悠久の時に刻まれた大地は人間に与えられた最大の恵みである。産土神に額(ぬか)ずき日々感謝を捧げよう。 
posted by 早春 at 17:39| Comment(0) | 姫路市東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。