2010年06月10日

国見の森・比地

■宍粟市山崎町比地■
 
     <span style=右奥に名勝比地の瀧.jpg" />      <span style=遊具も木製.jpg" />
 
                   <span style=国見の森モノレール微調整のためこの日は稼動中止残念.jpg"

 

兵庫県宍粟郡はもと5町で形成されていたが、安富町が姫路市と合併して郡西の山崎町、一宮町、波賀町、千種町4町が合併、宍粟市を名乗り宍粟郡の郡名は消えた。
 波賀町から一宮町を経て山崎町へと流下する揖保川の西岸沿いに位置する比地は、いま背後の国見山を核として兵庫県立「国見の森公園」が開設され、自然のままの里山の風景を活かした地域づくりを展開している。
 播磨国風土記に山部比治(やまべのひぢ)という里長(さとおさ)がこの地を治めていたことが記されていることから、山部比地にあやかった「比地」地名の由来が語られているのもそれはそれ、山部比地は山を司り、山を治める部民から山部を名乗ったのではないだろうか、よく知る人に出自は定かでないそうだが奈良時代の歌人山部 赤人(やまべ の あかひと)がいる。
 そこで比地だが、ひじという地名は全国に分布し、したがって当て字も多く揖保川上流菅野川沿いには土万(ひじま)があり、泥一字でひじと読む場所もあって肘の字もある。これは水混じりの柔かくなった土地を指す湿地地名を表している。では身体の一部である肘の当て字がなぜあるのだろうか。肘とは腕の曲がる関節を指すので川が湾曲する姿と似ている状態に気付いた人たちが、川沿いの外側に広がる向背湿地を特にそう呼び、ありきたりの湿地でないことを強調したのであろう。
 国見山に連なる山間の谷あいのいつもじめじめとした湿地が人びとの努力で水田に生まれ変わると、山を統括する長(おさ)は誇らしげにひじを名乗り風土記に登場する。地名があって人名が生れた風土記完成より古い地名であることの証しと考えられる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。