2010年06月10日

国見の森・比地

■宍粟市山崎町比地■
 
     <span style=右奥に名勝比地の瀧.jpg" />      <span style=遊具も木製.jpg" />
 
                   <span style=国見の森モノレール微調整のためこの日は稼動中止残念.jpg"

 

兵庫県宍粟郡はもと5町で形成されていたが、安富町が姫路市と合併して郡西の山崎町、一宮町、波賀町、千種町4町が合併、宍粟市を名乗り宍粟郡の郡名は消えた。
 波賀町から一宮町を経て山崎町へと流下する揖保川の西岸沿いに位置する比地は、いま背後の国見山を核として兵庫県立「国見の森公園」が開設され、自然のままの里山の風景を活かした地域づくりを展開している。
 播磨国風土記に山部比治(やまべのひぢ)という里長(さとおさ)がこの地を治めていたことが記されていることから、山部比地にあやかった「比地」地名の由来が語られているのもそれはそれ、山部比地は山を司り、山を治める部民から山部を名乗ったのではないだろうか、よく知る人に出自は定かでないそうだが奈良時代の歌人山部 赤人(やまべ の あかひと)がいる。
 そこで比地だが、ひじという地名は全国に分布し、したがって当て字も多く揖保川上流菅野川沿いには土万(ひじま)があり、泥一字でひじと読む場所もあって肘の字もある。これは水混じりの柔かくなった土地を指す湿地地名を表している。では身体の一部である肘の当て字がなぜあるのだろうか。肘とは腕の曲がる関節を指すので川が湾曲する姿と似ている状態に気付いた人たちが、川沿いの外側に広がる向背湿地を特にそう呼び、ありきたりの湿地でないことを強調したのであろう。
 国見山に連なる山間の谷あいのいつもじめじめとした湿地が人びとの努力で水田に生まれ変わると、山を統括する長(おさ)は誇らしげにひじを名乗り風土記に登場する。地名があって人名が生れた風土記完成より古い地名であることの証しと考えられる。
posted by 早春 at 14:33| Comment(6) | 地名アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

市松模様

posted by 早春 at 22:15| Comment(0) | 網干歴史雑学塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

出版情報

■『姫路の地名由来・百一話』■

 300部限定のささやかな自費出版本が本日完売となりました。
余りにも早い出足にいささか戸惑っています。
購入してくださった方々へお礼の言葉もありません。
本当に有難うございました。
posted by 早春 at 15:58| Comment(0) | 地域史話最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

出版情報

■姫路市■
表・裏見開き.JPG  Img_表紙.jpg

「地名色模様」の題名で掲載しておりましたものを『姫路の地名由来・百一話』に変更して一冊の本にまとめました
posted by 早春 at 21:41| Comment(0) | 地域史話最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

興浜本町橋物語 4

■姫路市網干区興浜■

東正面から.JPG  対岸から見た庚申の森.JPG


 明治十三年 架橋手伝人足辰一月七日より(水田家文書・原文一段)
藤田真海    四海宇兵衛   津田伊助     白谷小兵衛 
山本宗兵衛   塩野一平    津田宗右衛門   松島弥三五郎
津田宗次郎   今栄徳三郎   森崎弥助    安部新兵衛 
水田傳蔵    三木房吉    塩津仁兵衛    和田弥七郎
塩野清次郎   中山宗八    田村種八     三木孫四郎
中野秀次郎   中尾孟虎    高嶋伊右衛門   斉藤硯元
原村正重    大西庄三郎   紀野元吉     田村松四郎
酒井嘉十郎   清水四郎兵衛  木村義兵衛    加納庄五郎
竹田勇助    山崎甚兵衛   伊勢茂助     鹿児島徳松
田村吉兵衛   長沢利左衛門  平田千代蔵    肝田伊作
濱野傳兵衛   吉田百太郎   安井重右衛門   松島伊助
和田多三郎   稲田弥助    同 菊松     長沢熊吉
三木太右衛門  大江喜兵衛   苦瓜仁右衛門   今栄重次郎
香川源七    石井庄次郎   長沢六次郎    不二宗七
上村嘉右衛門  同 和兵衛   伊瀬栄五郎    和田善四郎
石井作兵衛   松本亀吉    山本太兵衛    上村伊助
三木清五郎
うミ町 三木清右衛門 
 
中野町   水田傳蔵  
周旋方   安部新兵衛
           原村正重
           田村吉兵衛

 万治元年(1658)以来丸亀藩の一万石飛び地支配を受けた村々は、揖保川を立て軸として川東組と川西組に分れこれを統治する興浜陣屋との情報伝達に欠かせないにもかかわらず重要な場所に橋が無かったのは、架橋の技術はともあれ幕藩時代隣村との境となる川にむやみに橋を架けるのは軍事上ご法度であったことが最大の理由であった。明治という新しい時代をむかえ、他行を許された庶民の願いは自由気侭に対岸に渡りたいという地域の期待度は高かったに違いなく、陣屋をふくむ一帯が「字(あざ)本町」の名称であったため橋の名前はすんなりと「本町橋」に決定したと思える。
 北の浜国道(250号線)に昭和35(1960)年3月網干大橋ができるまでの本町橋は、御津町に通じる唯一の橋で、室津行きのバスも車体を揺らしながらこの橋を渡っていた。
posted by 早春 at 22:14| Comment(2) | 地域史話最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。